おやじさんはなぜ隼人にだけ厳しいのか分からない。マリねえさんラスト回「稲妻怪人エイキングの世界暗黒作戦」のレビューです。中身は1970年代初頭の文化の研究(主にガールズのファッションチェック)です。

 

※画像は1970年代初頭の文化を知る資料として YOUTUBE東映公式チャンネルの画像を勝手に使わせていただいておりますが権利を侵害する意図はまったくありません。問題ありましたらすぐに差し替えます。

 

 

01:23 コメント:

 

01:30 コメント:

 

01:35 コメント:

 

01:41 コメント:

 

01:48 コメント:

 

02:39 コメント:

 

02:41 コメント:

 

02:50 コメント:

 

02:52 コメント:

 

02:54 コメント:

 

03:22 コメント:

 

03:36 コメント:

 

04:12 コメント:

 

04:30 コメント:

 

04:46 コメント:

 

04:53 コメント:

 

04:57 コメント:

 

05:22 コメント:

 

05:48 コメント:

 

06:54 マリ:エジプタス回と同じ衣装。

 

07:14 ユリ:エジプタス回と同じ衣装

 

07:52 滝:隼人がちやほやれれるので鼻ホジで不満をアピール。

 

07:55 コメント:

 

08:07 コメント:

 

08:09 コメント:

 

08:16 いつもの:旧聖蹟記念館。MMDモデルはこちら(特撮ロケ地で有名な某記念館)

 

08:26 コメント:

 

08:29 コメント:

 

08:31 親子の写真:

 

08:42 コメント:

 

08:54 コメント:

 

10:08 記念館の上で:そこ乗っていいところじゃないだろ。フクロウ男回でもここを走り回ります。

 

10:12 コメント:

 

10:19 コメント:

 

10:23 コメント:

 

10:28 記念館の上で:お姉さん(博士の娘)を抱えてライダーと対峙するエイ男。お姉さんはスタントマンじゃなさそうだが。怖かっただろうな。

 

10:56 雷に撃たれる:エイ男の稲妻でライダー敗退。

 

10:58 コメント:

 

11:04 コメント:

 

12:09 怒りの藤兵衛:「俺がいる!マリもユリも五郎だって戦う」

 

12:26 コメント:

 

12:41 コメント:

 

13:10 アジトにて:久しぶりの蜂女の椅子

 

17:06 コメント:

 

17:08 ペコリ:視聴者にお辞儀する博士。律儀な性格だ。

 

17:25 いつもの坂:ショッカーが迎えに来た。

 

17:37 コメント:

 

18:34 コメント:

 

19:19 コメント:

 

19:48 コメント:

 

20:27 コメント:

 

20:31 滝:滝アクションの見せ場

 

21:29 コメント:

 

22:34 コメント:

 

22:47 コメント:

 

22:52 コメント:

 

22:53 コメント:

 

23:21 帰宅:隼人「さあ行こうか」ジャンパーがバイクのミラーにひっかかりもたつく滝に隼人「早くしろ!」。ちょっと可哀そうな滝。なぜNGにしなかったのか。

 

23:42 さて来週の仮面ライダーは?:鷲尾真知子さんご出演でクリスマスエピソード。

 

 

まとめ

首領ランプ:クールな青

今回のショッカーの作戦:世界暗黒計画~関博士にエイキングを増産させ、世界主要都市の発電所を破壊する。

戦闘員コス:額にエイのワッペン

戦闘員の掛け声:いーっ

エイキングの能力:飛べる。稲妻を操つり任意の地点に落とす。久しぶりにベルト無し、しっぽ(尾びれ?)付きの怪人。

エイキングの声:「ほわほわ」

エイキングの最期:ライダーキックを食らって水落後爆発

ショッカーアジト美術:首領レリーフ側=エイのイラスト。まわりには稲妻。その対面=エイキングのでかいイラスト。壁は赤。

印象的な台詞・ナレーション:

藤「なんたるザマだ(中略)隼人にはたった一度の失敗もゆるされない(怒)」
関博士の娘をエイキングに奪われ、おめおめと帰ってきた隼人をぼろくそに責める藤兵衛。
博士の娘を助けに行く前「こいつは間違いない」って太鼓判押してたので、自分の責任を有耶無耶にしようとしているようにも見える。ヒーローの厳しさやショッカーにみんなで立ち向かう姿勢を見せかったのだろうけど。

隼「おやじさん、俺は俺自身に甘えていたのかもしれない」藤「自分自身に甘えてるやつに命を懸けることなんかできるもんか」博士「みなさん止めてくだはい 私がいる限りご迷惑をおかけする 私はやはり(ショッカーから)逃げるべきではなかったのです」博士(と視聴者)いたたまれなくなる。

博士「なんとお礼をもうしあげていよいやら」隼人「僕こそ教えられました。信頼と愛情がどんなに強い力を発揮できるかということを」 (おやじさんにもっと信頼と愛情があれば・・・)と内心思ってそう。